セレナ号の近況

久しぶりの更新となりました

この間愛車セレナ号は、
最近よく見る流れるウインカーを付けて、
少しだけ派手になりました
スモール連動で青のLEDが点灯し、
ウインカー連動でアンバー色のLEDが流れます。


良い感じに仕上がったと、完璧な自己満足です

※この様な後付けの流れるタイプのウインカーは、
車検に通る保証はありません
Dでそのように言われておりますので、
整備や車検で入庫する前にはアース線を外して、
点灯しない状態にします。

前後に付けたので、車線変更の際にも、
進路変更の3秒以上前から、ウインカーを点灯するようになりました
以前からウインカーはちゃんとつける癖はついていましたが、
こいつの影響で、確実に事前意思表示をするようになったと思います。
思わぬ副産物です
画像

(スモール点灯状態)
画像

(ウインカー点灯時)

夏には、エンジンから異音がしていたので調べてもらうと、
エキマニにクラックが入っていて、そこから排ガスが漏れていることが判明
やむなくエキマニの交換となりました。
部品代+作業代で約200k円の出費です。(痛い

しかしつい先日、追い討ちをかける様に更なるトラブルが発生しました。
そのトラブルとは、なんとオーバーヒートです
しかも発生したのが、真夜中に単身赴任寮への移動中の小田原厚木道路上という最悪の状況

とにかくアクセルを緩め、低速で一番近い退避ゾーンまで進めて停車し、
しばらくアイドリング状態で様子をみます

エンジン警告灯は消えなかったけど、すぐに水温計は真ん中位まで下がったので、
またユックリと走り始めました。
しかし走り始めると、水温がすぐに上昇する状態に

水蒸気が出ていないことと、寮まで10km程まで近づいていたので、
そのままソロソロと小田厚を走り、なんとか寮の最寄りICで一般道へ。
そこで信号待ちで停車した途端、ボンネットから湯気がモクモクと…

寮の近くの24Hスタンドに入りボンネットを開けると、
エンジンルーム内は吹き出たクーラントで悲惨な状況に
まるでInitial Dの86のエンジンブローの状態です。
(色がオイルの黒ではなく、クーラントの緑色ですが
画像

(緑色の液体が飛び散った跡が無残です・・・)

でも、しばらくアイドリング状態でエンジンルームを眺めていると、
水温計は真ん中くらいに下がったので、
まだ若干のクーラントが残っていると判断して、
残り数百メートルをトロトロ走って、なんとか自分の駐車場に収めることができました
画像

(約23万キロ走ってきて、このようなトラブルは初めてです)

翌日は、セレナはそのまま駐車場に置いて、知人の車に乗せてってもらい仕事へ。

仕事場からDの担当営業さんに連絡して、入庫診断をお願いする事に。
あとは任意保険の特約を使ってレッカーを手配し、
翌日の朝、2回目のドナドナ状態でセレナは箱根を越えていつものDに搬送されました


Dにて状況を細かくチェックしてもらい、
パンク状態のラジエターの交換にサードパーティ製の新品ラジエター、
サーモスタット(2つ)と関係するパーツ類の部品代と交換作業代の見積もりで、
合計98k円という金額が…

エキマニの交換の直後で非常に厳しいですが、
セレナにはあと3年弱、頑張ってもらう必要があるので修理をお願いし、
先週末、無事に修理完了して帰ってきました

汚れていたエンジンルーム内も綺麗にクリーニングされ、
新品のカルソニックカンセイ製のラジエーター、PITWORKのキャップやホース類で、
少し若返った感じです
画像


15,000km/年を走るセレナ号、
あと3年弱という事はこの先45,000㎞頑張ってもらう必要があります。
という事は走行距離はざっと見積もって275,000㎞ですねぇ。
大事に乗り続けていきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

keeju
2018年11月29日 21:12
ご無沙汰してるうちにまたデーハーな仕様になりましたなぁ。
取り付け位置とか元ウインカーとの点滅周期とか微妙なトコはありますが、細かい事は言いますまい。
それにしてもあれほどダメと言われていたリレー点滅がいつの間にか新車に装備されるようになってビックリです。最近ではタイヤ(サイドウォールだけですが)のはみ出しがOKになったり、排気管の開口方向も規定がなくなったりと、今まで厳しく言っていたのは何だったのよという事が多くて付いていけません。
(排気管の開口方向については賛成できない部分もありますが…)

オーバーヒートは災難でしたね。写真ではわかりにくいですがアッパータンクのパンクかな?樹脂製のタンクは劣化してくると表面がパリパリしてきますが、予防で交換してしまうのはなかなかね。
でもエンジンまで逝かなくて良かったですね。処置が適切だったんだと思います。ウチのノアもそうですが、最近のクルマは水温計が付いていないのでこういう時に不安ですね。

あと三年、息子さんが社会人になったらいよいよGTRですかな?
2018年11月30日 22:02
>keejuさん、
師匠、毎度です。

会社でも「あんなの付いてたっけ?」と言われるくらいなので、
かなりデーハーになったのでしょうな😅…
自分ではおとなしいつもりなのですが。

故障箇所は御察しの通り、
アッパーの樹脂部分の接合部でした。
幸い私の年式(C24)には水温計が付いていたので、
にらめっこ出来たから良かったですが、
メーターが無い最近の車では、
警告灯一つだけですから、焦りますよね😱

3年後にはGT-Rと言いたいですが、
ゴルフもやめられないので、
車はほどほどの早いやつにしておきます😁
宇都宮X3
2019年01月05日 11:24
ご無沙汰しております。
またちょくょく拝見させていただきます。
2019年01月05日 16:59
>宇都宮X3さん、
こんにちは。
古い車の話ばかりで恐縮です…🙇🏻♂
みそじおやじ
2019年01月26日 12:04
こんにちは。

すごいですね!
うちの地元で、ここまでしている方は
いないのが残念です
2019年01月26日 12:43
>みそじおやじさん、
毎度です。

いい歳こいた親父が何をやっているんじゃ
と、嫁には白い目で見られています

お通夜に参列しなければいけないとき、
少しだけ恥ずかしい感じもあります・・・

この記事へのトラックバック