健康維持も大変だ

1年ぶりの更新となりました。
なんとか元気に生きておりまする

前回の更新後の、血液検査の結果をまとめてみましょう。

(27) 243週目(2017年5月29日) (投薬中止:7週)
・Mj-BCR/ABL高感度IS(%)=検出せず (通常 極限まで0に近い)
・BCR-ABL実測値=1.07
・ABL実測値=189455

(28) 256週目(2017年8月28日) (投薬中止:20週)
・Mj-BCR/ABL高感度IS(%)=検出せず (通常 極限まで0に近い)
・BCR-ABL実測値=0.00
・ABL実測値=202130

(29) 270週目(2017年12月4日) (投薬中止:34週)
・Mj-BCR/ABL高感度IS(%)=0.0015 (通常 極限まで0に近い)
・BCR-ABL実測値=3.49
・ABL実測値=260881

(30) 286週目(2018年3月27日) (投薬中止:50週)
・Mj-BCR/ABL高感度IS(%)=検出せず (通常 極限まで0に近い)
・BCR-ABL実測値=1.18
・ABL実測値=216862

(31) 296週目(2018年6月4日:今回) (投薬中止:60週)
・Mj-BCR/ABL高感度IS(%)=0.0009 (通常 極限まで0に近い)
・BCR-ABL実測値=2.11
・ABL実測値=249822

主治医からも状態は良好ということで、
このまま投薬中止を継続することとなりました

また、最新の学会の研究結果では、
Mj-BCR/ABL高感度IS値が0.032以下の範囲は「ゆらぎ」の状態であり、
それ以下を継続していることは、概ね完解レベルと扱えるのでは?
という報告もあるようです。
更に、投薬中止後の経過観察も進んでおり、
中止後に白血球数が増加してしまう方もいる一方で、
私のように良好な状態を継続できている人も数多くいるようで、
もうちょっとしたら、国から正式な発表が出るかもしれないというお話しでした。
どのような内容で発表されるのかも含めて、
もう少し頑張ってみようと思います

でも検査はまだ暫くは継続して行い、
経過観察をするつもりです。

一方で、去年の会社の健康診断で、
血圧が高いという結果が出てしまい、
現在、食事に気を付けたり、降圧体操的なものをやっております

去年の夏よりは下がってきましたが、
まだ140/90辺りなので、こっちも引き続き注意を図っていかないとなりませんな

併せてメタボ気味にもなってきましたので、
ウォーキングなど少し体を動かすようにしないとマズイですね

歳を取ると、いろいろとガタが出てきますなぁ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みそじおやじ
2018年08月27日 00:14
お久しぶりです。お元気ですね。
私は猛暑と介護疲れで、きつかったですが、
徐々に回復してきました。
難病の公費負担が軽症者は切られるので
(現在は軽症者特例で受給)
秋以降の見直す?会議に期待です。
難病を軽症・重症に線引き自体が。。
というわけで、ぎりぎり生きています
2018年08月29日 20:49
みそじおやじさん、お久しぶりです。

難病に重さなんて無いと感じております。
患ってしまった当人、家族の大変さは、
どのような病であれ、皆さん一様に大変だと思います。
お役人(官僚)も、私達のような病を患えば、
もっと身のある議論をしてくれると思うのですが…
異常に暑い日が続きますので、ご自愛ください。
お互い頑張りましょう。

この記事へのトラックバック