仏国出張記(その2)

その1からかなり時間が経ってしまいましたが、
気にせずにその2をまとめましょう・・・。

最初の1週間はCHARLEVILLE-MEZIERES(シャルルヴィル・メジエール)に滞在し、
工場の状況を確認しました。
次の週はCHATEAU-DU-LOIR(シャトー・ドゥ・ロワール)の工場調査の予定なので、
週末の土曜日にホテルをチェックアウトして、一度パリに戻りました。
唯一の週末休暇だったので、少しだけパリ市内の観光をすることに。
(これがいけなかったのですが・・・)

取り敢えず土曜日はルーブル美術館を見学。
画像

土曜日ということもあり、かなり混んでました。
お約束のピラミッドです。(ダ・ヴィンチ・コードに出ましたね)

しかし広い!
画像

とても全ては見きれないので、
パンフレットに写真が載っている展示品だけ抑えることにしました。

まずはこれ。
画像

有名なモノらしいのですが、名前が分かりません。
何かの教科書でも見た記憶があるのですが・・・

そしてこの人混みの先にあるのが
画像


この作品です。
画像

さすがに大人気で、一番前で見るためには暫く待ちます。
しかし日本と違い、綺麗に整列して順番ということがないので、
前の人がどいたら直ぐに割り込まないと、何時まで経っても見ることができません。

これは圧巻でした。
画像

こんなでかい絵、どうやって描いたのでしょう?

次はこちら。
画像

予想よりも小さかったな。

これ以外にもいっぱい写真を撮ってきたんんですが、
ゲージュツがわからないオラには、まさしく猫に小判でしたね。
なんとか一度は嫁に見せてあげたいところでした。

その後、チョット移動してシャンゼリゼ通りへ。
画像

ご存知ルイ・ヴィトンの本店です。

さすが田舎者!
画像

お約束通り凱旋門です。真正面の中央分離帯から写真を撮っているのは、
ほとんど全員観光客でした。

「煙と何とかは高いところが好き」ということで、
たまたま空いていたので屋上まで登って来ました。
画像

シャンゼリゼ通りはこんなふうに見えるんですな。

車に戻る途中、シャンゼリゼ通りにこんなものが。
画像

89€/20分 のレンタカーでした。しかも助手席には係員が乗ります。
当然同乗者は、オマケの後部座席に座ることに・・・
まぁ日本のようなレンタカー制度が成り立たない(みんな盗まれちゃうからね)国ですから。
でも混み混みのパリ市内20分って、この車を運転する楽しみは、全くないですね。

翌日の日曜は、朝ホテルの周りを少し散歩。
画像

時間が早かったこともありますが、基本的に日曜日はお店もお休み。
この花屋は珍しく開いていました。

出ました!フランス名物の縦列駐車!!
画像

これ何だか分かりませんが、前はBMW、後ろはプジョー。
ぶつけなければ出られないです。(既に前はBMにぶつかっている?)
もしフランスに住むことになっても、絶対に路上駐車はやりたくないですね。

午前中は車で少し移動して、ベルサイユ宮殿へ。
画像

ここも素晴らしいですね。

宮殿の中に入るためのチケットの列が死ぬほど混んでいたので、
中庭への見学を選択しました。
画像

画像

画像

こんなに広い中庭、手入れが大変でしょうな・・・
ちいさい家で良かった。

この人、一日中こうやって宮殿の前に立っていて、
前のカップにお金を入れてもらうと、おじぎをするそうです。
画像


午後は地下鉄に乗って再びパリ市内へ。
画像

オペラ座です。

この後ここで大事件が起きます。

なんと街中で2人組の女のスリにパスポートをスられてしまったのです。
しつこく付きまとってくる怪しいのが来たので、
完全無視して歩いていたのですが、信号で停まった瞬間に
肩に下げていたショルダーを引っ張られ、
中からパスポートケースを抜かれてしまいました。

その後はもう観光どころの騒ぎじゃありません。

なんとか現地のスタッフに連絡をとって事情を説明し、
とにかく警察で盗難届を出してもらうことに。
通常は機内モードに設定しているiPhoneも、
さすがにこの時は海外ローミングして大活躍です。

月曜日の朝一番でCDL工場に移動の予定でしたが、
朝一番で日本大使館に行って、帰国用に一時パスポートの発行手続きをすることに・・・

皆さん、海外では大事な荷物は服の中にしまいましょう。
(巾着を首から下げて、シャツの中に入れておきましょう)

一応、やらなきゃならい事が一段落したので、
画像

オペラ座の正面です。

この日はルーブル近くにあった日本食屋で肉野菜炒め定食を。
画像

スられて落ち込んだ心に、日本食が染み込みました。
とても美味しかったです。

ということで、今回はここまで。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みそじおやじ
2013年08月18日 05:56
おはようございます。

芸術美術関連うらやましいです。
私も観たいな~。でも住むのは
日本がよさそうですね?治安が
マシ、強引な縦列駐車がないと
いう単純な発送ですが。住むと
気分転換ではパスポートの件が
あったりして違うのでしょうが、
魅力を感じずにはいられません。
猛暑がひどいのでご自愛ください。
keeju
2013年08月18日 10:51
いやいや、大変な目に会いましたね( ̄◇ ̄;)。せっかく街並みがキレイなのにそういう輩がいると台無しですな。
アメリカなんかとはまた違った用心が必要なようですね。でもまぁご無事で何よりでした。

んでもやっぱりキレイですね。歴史のある建造物や街並みと、現代社会が上手く共存してるのが素晴らしいと思います。
平気でクルマをぶつける国民性とはどうにも結びつかないんですが。

しかし長距離でも移動は基本的にクルマなんですね。いろいろ文化の違いが感じられて興味深いです。
2013年08月18日 21:58
みなさん、こんばんは。

>みそじおやじさん、
いやぁ、改めて日本の治安の良さを感じる2週間でした。
縦列駐車ではぶつけて割り込ませていますが、
平均してどなたも運転は上手いんですよ、これが。
お婆さんが普通に田舎道を100km以上の速度で走り抜けて行きました。
それにしても暑い日が続きますね。
エアコンのファンベルトを切ってしまったR32の時代は、
常に窓全開で扇子で仰いで運転してました。
旧車には厳しい季節ですが、頑張って下さい。

>keejuさん、
いやぁ、参りましたね。
基本的に多民族国家だから、性根の悪いやつらもシコタマいるんでしょうね。
アメリカのようにいきなり銃で撃たれるという心配は無かったですが、
危ない事に違いは無いですね。
電車の移動もアリだったのですが、経費節減ということで、今回は500kmを全て車で移動でしたが、
130kmオーバーの巡航だったので、さほど距離を感じませんでした。
日本じゃ考えられない環境ですね。

この記事へのトラックバック

  • あけましておめでとうございます

    Excerpt: 2014年が始まりましたね。 遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いします Weblog: ひな親父のつれづれなるままに racked: 2014-01-06 16:38