ライトのクリーニング

新車購入から早12年経過した我がセレナ号。
さすがに最近ライトの黄ばみが気になり始めました

ネットでいろいろと調べましたが、耐水ペーパで磨いた後に、
バフ研磨で仕上げてコーティング剤を塗布するのが一番良さげでしたが、
ペーパで擦るのはチョッと・・・と躊躇っておりました

結局バックスでこの商品を購入し、夏休みを利用して綺麗にしてみました。

こちらが処理前の状態
画像

右側のアップ
画像

そして左側のアップ
画像


少し右側の方が黄ばみが酷いように感じます。
ガレージの影響かな?

で、2時間ほどかけて一生懸命磨いた結果です。
画像

同様に右側のアップ
画像

左側のアップ
画像


チョッと頑張って磨き続けたのですが、これ以上は綺麗になりませんでした
内側が黄ばんでいるのかな?
それとも、ペーパで擦らないとダメかなぁ・・・

まぁ、以前に比べれば綺麗になったので、今回はこれで良しとします

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2016年08月23日 20:53
こんばんわ。ライトの黄ばみは気になりますよねぇ。この時代、なんで黄ばまないライトが開発されないのか、不思議でしょうがありません。
2016年08月24日 22:55
nas-nasさん、
こんばんは。
昔のようにガラスだと良いんでしょうが、
最近はコストダウンやら軽量化やら、
さらにはおしゃれな造形を求めて、
樹脂製のライトが増えてしまいましたからね。

今時の技術なら、黄ばまない材質でライトを作る事くらい出来ても不思議じゃないと思うんですが…

メーカーに期待しましょう
Keeju
2016年09月13日 23:53
同じ樹脂製でもテールランプなどが黄ばまないのは熱の違いですかね?
黄ばみとか曇りもあまり酷いと光度が出ないんで、ワタシらは仕事上よく磨く機会があります。コーティング剤付きの専用ケミカルもありますが、ウチではもっぱらお手軽なコンパウンド入りの液体ワックスを使用しています。

これでも結構キレイになりますが、やはり内側の曇りはどうしようもないですね。あと、ライト表面にクリアコートのような処理が施してあるタイプもまだらになっちゃいますね。

それにしても2時間も頑張ったとは恐れ入りました。その後、指が痛くなったのでは?
2016年09月14日 22:06
keejuさん、毎度です。
プロもコンパウンドで磨くんですね。
もっとも、ポリッシャー等を使うから、割とお手軽な作業なんでしょうか?

おいらはというと、しっかり翌日筋肉痛になりました

この記事へのトラックバック