パンク (>_<)

先日、出勤途中で国道に出る交差点を通過した際に、
何か踏んだような気がしたのですが、
とりあえずそのまま車を走らせました。

しかし、もう直ぐ会社というところで減速した際に、
ちょっと違和感を感じたので、ステレオを止めて窓を全開にすると、
タイヤから「カチ、カチ」という石を踏んだような音が聞こえました。
「さっき何か踏んだのはこれか」と思いつつ、
「でもしぶとい石だな、まだ挟まっているのか」
という感覚で、そのまま会社の駐車場まで。

で、車を降りて音がする右リアタイヤを見てみると・・・
画像

↑「何じゃこりゃ!」と驚くほどデカイボルトが
  トレッド面中心辺りに突き刺さっているではありませんか

こりゃ、うかつに抜いてしまったら、大変なことになると思い、
とりあえず早めにタイヤ屋さんで修理してもらおうと、
その場はひとまずその状態で仕事に。

昼休みに一度車に戻って確認しても、
見た感じでは空気圧が下がっている感じは無かったので、
今のところエアー漏れはないと判断し、
その日は定時で仕事を切り上げて、馴染みのタイヤ屋さんへ・・・

で、店長に見てもらうと
「こりゃ太いなぁ・・・、
 もしタイヤに刺さっている部分が、
 この少しだけ見えている部分と同じ太さだったら、
 パンク修理は不可能ですので、交換になります。」
ですと・・・。
まぁ、ある程度想像していた答えだったので
「分かりました・・・」と空返事を・・・。
「一応抜いてチェックしてみましょう。」ということで、作業をお願いしました。

店長が抜いたボルトを持って来て、
「幸い刺さっていたところが少し細くなっていたから、
 一番太めの補修材(ゴムの円柱状の練り物)を入れてみます」
と説明してくれて、いよいよパンク修理作業の開始です。

穴を塞いで少し高めにエアーを入れて、漏れが無いことを確認して作業完了です。
この間10分もかかりませんでしたね。
「一応、少し高めに圧力かけてあるので、一ヶ月位したら圧力チェックしてください。
 下がっているようでしたら、直ぐにでも交換をお願いします」
と諸注意をもらって無事修理完了です。
今回はタイヤ脱着(1本)とパンク修理で\2k也

で、記念にどうぞって抜いたボルトをくれたので、持って帰ってきた
画像

画像

画像

画像


どうやら欧州車に使われているタイプのボルトらしいです。
トルクスレンチが必要なので、一般的ではないですが、
国産車でも、重要な部分には使われています。
(たとえばステアリングのエアーバックユニットの固定など)

今回は段差になった部分が引っかかって止まっていたため、
ネジ部の直径5mmの穴が開いた状態でしたが、
段差の部分も入ってしまっていたら直径は12mmなので、
100%アウトでしたね

しかし、今回セレナが履いているタイヤ、
ネットで購入し持ち込みOKの店で組換えしてもらったんだよな・・・
だってそっちの方が安いもん

今度の買い替え、どうしようかな・・・
義理人情をとるか、ドライに割り切るか・・・
やっぱり安い方にするんだろうな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

keeju
2011年09月12日 17:00
ととのいました。「ボルトを踏んだ」とかけて、「朝飯どうしようか」とときます。その心は「パン食う?(パンク?)」
なんちて。

この太さならたぶん大丈夫でしょう。
このボルト、形状から察するにおそらくバンパーフェイスかフロントグリルを押さえている奴だと思います。

交差点で拾ったようですから、たぶん衝突事故の遺物じゃないですかね。
みそじおやじ
2011年09月13日 21:25
こんばんは。

大事に至らなくてホッです。
うちの車ではエンジン音が
優先で音楽は基本聞かない
ので、カチカチ音や跳び石
はテンションがさがります。

パンク寸前は一度、経験を
しましたが、給油もできる
整備工場で、クギをぬいて
もらい仕上げに「唾液」を
つける丁寧な作業で事なき
で、すんだ事がありました。

余談ですが「米米CLUB」の
アルバムに「GO FUNK」→
「ごはん食う」というのが
過去にありました。復唱を
してみてください(笑)。
2011年09月13日 21:52
皆さん、毎度です。

>keejuさん
座布団にはもう一ひねりですかね
さて今日も本社まで高速を使いましたが、
特に問題なく走れましたね
(って、問題があっちゃ困るんですが)
師匠の言うとおり、この程度なら塞がるものなんですね。
とりあえず良かったです
交差点の事故、俺も経験があるのですが、
あんまり綺麗に片付けられないですね

>みそじおやじさん
ありがとうございます。
本当に不幸中の幸いでしたね
修理はスタンド、バックス、黄色い帽子と、帰宅途中にあったのですが、
タイヤはちょっと心配なので、
やはり専門のお店に任せることにしました
後輩がZ32のフォグのバルブ交換をバックスに頼んだら、1時間くらい待たされた答えが、
「この車のフォグランプ、どうやって外すんですか?」
というお粗末な答えだったというのを聞いてから、
バックスは単なる売り場と考えることにしてます。

この記事へのトラックバック