モータースポーツへの入り口

昨日次男坊をこちらのスクールに参加させてみました。
まぁ、半分は親父がやってみたかったことなんですが、
それでも本人も嫌がることなく「行く!」と言ったので良かったです。

↓受付が済んだら早速本日のマシンのシート合わせです
画像

ちゃんと受講生一人に一台ずつマシンが割り当てられ、その日一日このマシンが自分のマシンとなります。
この辺からして既に遊園地のゴーカートとは次元が違います。

↓高木虎之助選手自らが代表を務めるということで、当日も直接子ども達に乗り方などの指導をされていました。
画像


簡単なルールやマナーの座学の後、マシンに座ってアクセル・ブレーキペダルの操作方法について説明を受け、
講師が後ろから押してくれる状態でブレーキ操作の訓練をします。
↓その後、メットをかぶり先導車の後ろについてゆっくりとコースを走ります。
画像

マシンの後ろ側に見えているロープは、講師が別のマシンで後ろから付いて走り、緊急時には暴走を止めるようにするための緊急用のロープです。
この間講師は常に片手運転になります。いくらゆっくりとはいえ、片手であの小さいステアリングを切るのは、かなり大変だと思います。ご苦労様です。

↓10分程の走行を何回か続けて、最後はこのように単独で走ることが出来ます。
画像


一度アクセルとブレーキを間違えて泡食ってしまい、その後スピンを一度やってしまったため、
ちょっとスピードにビビリが入ってしまいましたが、
取り敢えず次もやりたいと言っておりますので、続けさせててみようと思っております。
まずはスピードに対する恐怖心に打ち勝たないとダメですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

keeju
2009年06月23日 01:17
おお!いよいよモータースポーツデビューですか!
次男坊さんは確実に親父どののあとを追っていますねぇ。うらやましい限りです。

そのうち、セレナにルーフキャリアを付けなければいけませんね。
2009年06月23日 08:21
いえいえ、まだホンとに足を掛けたくらいですから・・・

ステーションワゴン車ならルーフキャリアってのも有りですが、ミニバンでルーフですと私のような背が低い親父には辛いものがあります・・・
セカンドシーと外して中に乗せるんだろうなぁ・・・

あ、続けたらの話ですが・・・
大森ハリヤー
2009年06月23日 21:26
社長の弟に連れられて、白糸のサーキット場で走行したことがあります。めちゃ怖でした。ボクはモータースポーツ向いてません。たぶん2度と乗らないと思います。やっぱり、こういったものは子供の頃の体験が必要かと...
みそじおやじ
2009年06月23日 22:54
こんばんは。

一周につき英世さんが一人必要のカートで
カウンターあててのテールスライドが最高でした。
R32の緊急時に活かせれたらと思って挑戦したことが。
最近、冷静さはましたのですが反射神経が
2009年06月23日 23:49
大森ハリヤーさん、こんばんは。
白糸ですか。結構近いところですね。
カートって目線が低い分スピード感がありますから、結構早く感じますね。
私もどうせやるなら、何でも早いほうが良いかと思って、今回やらせてもましたが、芽が出るかどうかはもう少し様子見です。

みそじおやじさん、こんばんは。
英世一人/1周ですか、凄いですねえ。
我が家は既に嫁から、「続けさせるならお父さんの芝刈りは控えてもらうしかないね」と、条件が出ております。
カートはリアがリジッドなので、かなり堅めのLSD車というイメージでしょうか。
実車の緊急回避訓練は、FISCOのモビリタや鈴鹿にも同じような施設がありますから、こういったところで体験されても良いと思います。
動きがカート程クイックでは無いですからね。
私の反射神経では、既に実車でもついて行けないと思います・・・

この記事へのトラックバック