RC破損

ちょっと前にアンプを交換した次男のRCの様子を見るため、
久しぶりにラジコンを走らせました。

が、自分のRCが突然ノーコン状態に陥り
かなりの高速状態でスピンを続けたまま側溝にダイブしてしまいました
・・・その結果、右リアのギアボックス側のジョイントとドライブシャフトが外れて、
どこかに飛んでいってしまいました・・・

画像

↑破損した右リアアクスル近辺
 (ギアボックスジョイントとドライブシャフトがありません)

画像

↑ダイブした側溝(水が流れております・・・)

ボディもリアウィングが破損してしまいました
画像

↑リアウィングが壊れてしまった。

仕方ないので、明日保守パーツを購入です。
ボディはウィングだけ探し、アクスル回りは必要最低限に抑えなければ・・・
はぁ~、痛い出費です
原因はプロポのバッテリー容量不足みたいですね。
予備のバッテリーを持っていたので、最初から変えれば良かった・・・
・・・にしても、よりによってスロットルが高くなったときにノーコンにならなくても良いのに・・・

で、肝心の次男のRCですが、交換したアンプでも症状は変わりませんでした・・・
少し走らせるとヒートプロテクト状態になってしまい、動かなくなってしまいました。
結局、540モータに戻しました。(かなり不評)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • R35GT-R ボディ製作(その4)

    Excerpt: 先週までに塗装およびシールの貼り付けが完了していたR35GT-Rですが、 最後に、それまでR34GT-Rに取り付けてあったLEDライトユニットを移植しました。 Weblog: ひな親父のつれづれなるままに racked: 2008-12-07 18:19