次男のRCセッティング

というほどの事は出来ません。
TT-01Dのキットを説明書通りに組み立てただけだった物を、
ネットでいろいろと調べて、出来ることをやってあげた程度です・・・

で、この2日間でやったのが、モーターの変更とデフのロック化。

モーターは、キット付属のタミヤ製RS-540スポーツチューンモーターから、
通販の「日本橋模型RCセンター」さんで、ミドルセットで購入した時に付いていた、
ヨコモ製23Tモータに変更しました。

こちらは特に問題はなく作業が完了したんですが、問題はデフロック化でした。

ノーマルのデフには、実車のようなLSDは無いため、
ネットで調べると皆さんいろんな方法で対応をされていることが分かりました。
で、今回の次男の車もこの中のどれかを取り入れようとしたんですが、
色気を出して、グリップにも振れるようにと調整式を考えたため、
時間がかかってしまいました。
タミヤにはボールデフという調整式のオプションがあるんですが、
結構高いので手が出ません。
そこで、向かい合うベベルギアの背面にシム代わりにワッシャを入れて、
リングギヤを締め付けるねじのトルクで、デフの効き具合を調整できないか、
やってみることにしました。
このワッシャが、丁度良い物が無くてM8用の平ワッシャを、
リーマーで内径を広げて使おうとしたんですが上手くいかず、
結局諦めてティッシュ詰め込みによる、完全固定式で行くことにしました。

早速息子に走らせたのですが、さすがにまだ小3の子供ですね。
セッティングが変わったことに、全く気が付いていないみたいです・・・
親父的には、明らかにドリフトアングルを制御しやすくなったと思うんですが、
実際に使う人間から、的確なフィードバックが帰ってこないのは、
メカニックとしてはやり甲斐が無いというか、張り合いがないというか、
複雑な気持ちですね・・・
まあまだ子供ですから、しょうがないですね。

イニシャルDの文太親父の用に、英才教育をしなきゃいかんかな・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Keeju
2008年01月17日 00:40
ではとりあえずRCのルーフの上に、フタを開けたスジャータを載せて「コレをこぼしてはいかんぞ」という所から始めましょうか?

なんちて。いやいやこんなデカイRC振り回せるだけでもたいしたもんですよ。ウチの小僧なんかQステアで満足してますから。
2008年01月17日 19:07
スジャータのカップで練習ですか。
良いですねそれ。 (~o~)

うちの息子も、スタートはプリンスで貰った
「エアロアールシー」のティーダですよ。
後は親父の趣味につき合わせているだけかも・・・

子供って飽きるのが早いですからね。
毎週でもやらせておかないと、
すぐに興味が他に移っちゃいますから大変ですよ (-_-;)

この記事へのトラックバック