RCのドリフト

次男坊のRCカーが完成したので、1/2に会社の寮の駐車場まで
走らせに行ってきました。
基本的に単身赴任者および独身者がメインの寮なので、
年末年始には、みんな自宅に戻ってしまい、ガラガラなんです。
これこそ本当の「パーキングロット」って言う奴ですね。
画像

 ↑次男(小3)です。場所は会社の寮の駐車場

一応ドリフト仕様車ということで組み立てたキットなんですが、
やはり綺麗な姿勢で飛距離を出すためには、それなりにセッティングが必要です。
また、小学3年の子供がやるには、やはり少し難しいようで、
思い描いているドリフトラインが出来ないみたいでした。

ちょっとしたセッティングということで、後ろのスプリングにスペーサーを噛まして、
リアのサスを堅くし、流れやすくしてみました。
しかし、駐車場の白線って思った以上に段差があって、どうしても車が跳ねてしまいます。
サスを堅くするとこの挙動が顕著に表れ、息子には少し難しいようでした。

そして私のGPカーですが、2段ギアに変更した際に、
フライホイールの固定ボルトがきっちりと締め込み出来ていなかったようで、
クラッチシューの後ろ側が完全に遊んでしまい、変速ギアに斜めに噛んでしまいました
画像

 ↑あ~あ、ギヤが少し削れてしまいましたね・・・

もう一度エンジンをマウント毎取り外して、クラッチの組み直しです・・・
・・・で、ついでだったのでボロボロのベンツをやめて、次男のキット付属のS15-SILVIA
に変更しました。

そして、昨日(1/4)と今日(1/5)は、自宅近くの倉庫の前で練習をしてきました。
寮の駐車場に比べれば狭いですが、
ドリフトの練習をするにはここでも十分でした。
ここまでは歩いて30秒なので、RCキット用の箱(基本はRCの入っていた箱)を
抱えたまま、自宅から歩いていけます。
しかも白線が無いため、挙動が安定しており、練習場所には最適です。
画像

 ↑空き缶を置いて、定常円旋回の練習をしています

ここでは私のGPカーもグリップ仕様でカッ飛んでしまうと、直ぐに倉庫の扉に
クラッシュしてしまうので、ドリフト仕様に組み直しです。
といっても、取り敢えずはタイヤのみということで・・・
画像

 ↑大きな画像で見るとフロントウィンドのステッカーが、気泡だらけ・・・。ダッセー

しかもこのタイヤ、基本的にEPカー用のドリフトタイヤなので、
GPカーではズルズル過ぎて、うまくコントロールできません。
デフロックなど、多少セッティングを変えたら、もう少しドリフト寄りに変わるかな
いろいろとやってみよう・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック